スポンサーリンク

私はデザインの仕事をしているのですが、スキマ時間に「ココナラ」でサービスを提供し、3年ほどたちました。

ココナラって、実際どうなの?稼げるの?というあなたへ、一例として参考になればと思います。

 

そもそもココナラって何?

ココナラは、
知識スキル経験を売り買いできる
フリーマーケットです。

というコピーの通り、自分の得意とすることを500円から販売することができるサイトです。

「得意」と言われても具体的に思い浮かばない。という方はカテゴリ一覧を見てみると、想像しやすいですよ。

こちらがココナラトップページのカテゴリ一覧を開いたところ。

ココナラ_カテゴリ

私の場合は「デザイン」を「得意」としているので、「画像・デザイン」のカテゴリからサービスを出品しています。

このカテゴリのような内容を、ワンコイン500円(ランクが上がると販売額を高くすることもできます)で提供します。

ただし、ココナラでは「モノ」の販売はできません。
あくまで「オンライン」で完結するもの。
画像データや音楽データ、テキスト、PDFなどがこれに当たります。

カテゴリ違いだと、占いなどもココナラの人気カテゴリです。

画像・デザインなどはIllustratorやPhotoshop、画像データで納品するので、ココナラのサービスに適しています。

サイトから登録すると、出品内容をすべて見ることができます。
出品者として登録した場合も、サービスを購入することもできますよ。

出品に関する詳細なども、ココナラサイトを見てみてくださいね。
知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

 

ココナラでの出品内容

では、具体的にどのような内容でサービスを販売したか。

現在出品しているサービスは4つありますが、売上のメインとなっているのは1つのサービスで、ロゴ・イラストのトレースです。

注文の内容は

  • 画像しかないものを拡大縮小できるデータ(ベクター・ai)にしたい
  • 自分で手書きしたロゴをデータにしたい

が主なものです。

ココナラでは、サービスが購入されると同時に、トークルームというページが開かれます。
トークルーム内で、購入者からの注文内容・要望などが送られてきます。
返信やデータの送付もトークルームですべて行います。

簡単な流れにすると、

  1. トレースしてほしい画像をもらう。
  2. トレースする
  3. データを送る
  4. 確認してもらう。OKならクローズする。

これで1件終了です。

デザイナーの人なら、普段からしている作業の一部に過ぎないでしょう。

会社の仕事でやれば無給ともいえるようなトレースの仕事が、販売できる。
つくった分だけお金になる。というのはやる気が出ますよね。

 

3年間での売上

上記のロゴトレースを販売して、約3年がたちました。

3年での累計売上件数は81件/累計売上は現在98,652円です。

ココナラ_売上

現在メインのロゴトレースサービスは、最初は500円で販売していましたが、注文数や、注文内容が複雑になってきたこともあり、途中で1,000円に変更しています。

それ以外のサービスは現在もすべて500円で販売しています。

追加オプションやおひねりなどが加算されているものもあり、平均単価は¥1,200/1件となっています。

個々の作業時間と、副業としての稼働時間

単純に売上だけを見るとどうでしょうか。

3年やって、10万弱。

これが本気で取り組んだ場合の副業なら、安いでしょう。

私の例で言うと、本業はフルタイムで残業もたくさんあるデザイナーです。

ココナラをやる時間は、朝・お昼休み・夜・休日です。

注文が入ればお昼休みや、帰ってからトレース作業をして送ります。

1件にかかる作業時間は、早いときで10分ほどです。

長ければ1時間程かかるものもありますが、平均すると30分集中して作業すればできるものが多いです。

私は、何がなんでも件数を増やす!というよりは、急ぎには対応できないけどできるだけ良いデータを納品します。データについてわからない人でも相談してください。

といった内容で販売しているので、件数も月毎に数えるとそこまで多くありません。

できる限り要望には答えますが、どうしてもできそうにないな。というときは他の出品者さんをすすめることもありますし。

一回に受付できる件数も、2件まで、と少なめに設定しています。

ないときは0件。多いときは5件など。自分のできる範囲で作業をして、3年で10万円弱です。

当然ですが、何もしなければ0円だったんです。

 

手数料は25% 高い?安い?

ココナラの手数料は現在25%です。

¥500で販売したサービスが売れれば、手数料と税を引いた¥375が報酬となります。
¥1,000で販売したサービスは、¥730の報酬です。

ココナラでかかる費用はこの手数料(と税)のみです。
25%は少し高く感じるかもしれませんが、私はこのくらいとられても、全然良いと思える金額です。

売る側も買う側も、どこの誰かもわからない顔のみえない相手と取引をするわけですから、個人のやり取りでは不安です。

ココナラという仲介があってこそ、取引相手に問題があった場合、お金が返金されたりする安心があります。(お金を払ったのに納品されない!とか、納品したのにお金が払われない!)という心配がありません。

このお金の取引を、安心して行える。という点だけでも、手数料25%は妥当だと思えます。

発生するのは売れたときだけですしね。

 

簡単に稼げるのか

上記にも書いた通り、デザイナーが副業として作業する内容と考えると、比較的簡単です。

難しい面をあげるとするのなら、初心者を相手にするという面では、知識が必要です。

トレースを注文する人は、トレースに関する知識がないことが大半です。

画像の取扱いや、ときにはパソコンの操作についても質問されることがありますので、

初心者の質問に対してわかりやすく説明できる知識なども重要です。

案件に対して1件1件対応していくことの労力をどう考えるかは個人によって違いがあるかもしれません。

 

[最後に]

以上がデザイナーの私がココナラを3年使ってみた結果です。
自分の得意なことを一つ、出品してみてはいかがですか。
丁寧な対応をすれば、良い反応が返ってきますよ。

 

詳細・登録はここからできますよ→ココナラ

スポンサーリンク
おすすめの記事